小笠原が仙台にエール「ともにV争いを…」

[ 2012年3月10日 06:00 ]

J1第1節 鹿島―仙台

(3月10日 ユアスタ)
 鹿島のMF小笠原主将が「全勝」を今季の目標に掲げた。本拠地が深刻な被害を受けた被災クラブ同士の対戦に向け「特別な意味を持つ開幕戦。“全勝”には試合だけではなく、何事にも勝つという意味を込めた」と静かに語った。

 昨年5月に東北サッカー界の復興を目指す有志の会「東北人魂」を発足。仙台には菅井、関口ら東北人魂メンバーがおり、小笠原は「仙台と開幕戦で対戦するけど、ともに優勝争いに絡めればいいと思う」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月10日のニュース