G大阪 セホーン体制に早くも黄信号

[ 2012年3月10日 18:54 ]

<G大阪・神戸>前半、G大阪・ラフィーニャ(左)と競り合う神戸・橋本

J1第1節 G大阪2-3神戸

(3月10日 万博)
 アジア・チャンピオンズリーグ初戦に続き、G大阪は開幕戦で黒星を喫した。2戦6失点と日本代表DF今野を加えた効果を出せず、看板のパスワークも機能していない。昨季わずか1敗だったホームの地の利にも見放され、セホーン体制に早くも黄信号だ。

 「敗北を事実として受け止め、解決法を見いだしたい」とセホーン監督は思案顔。次節に控える大阪ダービーの結果次第では、サポーターも“あかん”だけでは済ませない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月10日のニュース