G大阪 選手間ミーティングで士気を高める

[ 2012年3月10日 06:00 ]

J1第1節 G大阪―神戸

(3月10日 万博)
 G大阪に開幕直前の高揚感はみじんもなかった。非公開で実施した9日の最終調整では、神戸・野沢のFKをおさめたDVDを見せて入念な対策。さらに選手間ミーティングで士気を高めた。

 「雰囲気? 変わりましたね。ピリピリというか…良い方向に転べば良いですね」とDF今野はいう。今季公式戦開幕戦となった6日のACL浦項戦で0―3の大敗。ミスと戦術の方向性が見えなかった戦いに、誰もが危機感を抱いていた。ただ、わずか3日間で戦術浸透は不可能。主将MF明神と副主将MF遠藤を中心に行った話し合いではメンタルの部分を強調したという。遠藤は「ミスを恐れずアグレッシブにやる」と前を向いた。

 今後を左右する大きな一戦。「来週は、もうちょっと明るい顔でいたい」とセホーン監督はショボーンとした顔で話すが、昨季2連勝のお得意さま相手に浮上のキッカケをつかみたい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月10日のニュース