鳥栖 手負いのJ1初陣も強気の指揮官「最善を尽くす」

[ 2012年3月10日 06:00 ]

J1第1節 鳥栖―C大阪

(3月10日 ベアスタ)
 鳥栖はベテランDF木谷が右膝前十字じん帯損傷で手術を受け、MF早坂、ボランチ岡本らケガ人が続出する手負いのJ1初陣。それでも尹晶煥(ユンジョンファン)監督は「今、プレーできる選手でカバーしていきたい」と強気を崩さない。

 ボランチには3年ぶり復帰の高橋が、木谷の抜けるセンターバックは1メートル93の新加入金根煥(キムクナン)が入る予定。指揮官は「選手がどこまでやってくれるか楽しみ。初めてのJ1だからゲームを楽しみながら最善を尽くしたい」と期待した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月10日のニュース