長友は攻守で貢献 インテル公式戦10試合ぶり勝った

[ 2012年3月10日 09:06 ]

キエーボ戦で競り合うインテル・ミラノの長友(左)

 サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都は9日、アウェーのキエーボ戦にフル出場し、2―0の勝利に貢献した。チームは終盤に連続得点し、リーグ戦で1月22日以来、公式戦では10試合ぶりの白星を挙げた。

 長友は得点には絡まなかったが、攻守にまずまずのプレーを見せた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月10日のニュース