「欧州で一目置かれている」ジーコ監督 香川、本田を警戒

[ 2012年3月10日 15:36 ]

 14年W杯ブラジル大会アジア最終予選の抽選会が9日に行われ、日本はオーストラリア、イラク、ヨルダン、オマーンと同じB組。日本代表のザッケローニ監督(58)とイラクを率いる元日本代表監督のジーコ監督(59)の対決が実現することになった。

 抽選会に出席したジーコ監督は「日本との対戦に抵抗はない。これがサッカーの世界だよ」と“因縁対決”にも淡々。「イラクの選手たちを信じている。全力で臨む」と打倒日本を誓った後、笑顔になって「できれば一緒にW杯へ行きたいね」とまだ日本を敵視できない本音がのぞいた。

 日本代表で警戒する選手としてMF香川(ドルトムント)と本田(CSKAモスクワ)の名前を挙げ、「欧州でも一目置かれている。この2人には手を焼くだろう」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月10日のニュース