仙台PK戦で散る「東北のみんなを国立に呼ぶという夢が…」

[ 2011年12月18日 06:00 ]

<C大阪・仙台>PKを外し、顔を覆う仙台・武藤

天皇杯4回戦 仙台1-1(PK2-4)C大阪

(12月17日 金鳥スタ)
 仙台は先制弾も実らなかった。

 延長前半8分に途中出場のFW武藤が貴重なゴールを決めたが、延長後半10分に同点弾を浴びた。1―1で突入したPK戦では、FW赤嶺と武藤が失敗。これが今季のラストゲームとなった。手倉森監督は「東北のみんなを国立に呼ぶという夢がかなわなかった」と残念そうな表情を浮かべた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月18日のニュース