【試合経過】柏 再三の決定機を決めきれず…PK戦で力尽く

[ 2011年12月18日 18:53 ]

クラブW杯3位決定戦 柏0―0(PK3―5)アルサド

(12月18日 横浜国際)
 サッカーのトヨタ・クラブワールドカップ(W杯)が18日、横浜国際総合競技場で行われ、3位決定戦は開催国代表のJ1王者・柏がPK戦の末、アジア王者のアルサド(カタール)に敗れた。柏は07年の浦和、08年のG大阪に続く日本勢3位を逃した。

 <試合経過>

 前半6分、柏はゴール正面からMF水野が右足でミドルシュートを放つがゴール左に外れる。

 同9分、柏は左サイドに展開して、橋本がクロス。ゴール前でMF田中が競り合うが、GKに阻まれる。

 同15分、アルサドは、ペナルティーエリアすぐ外の正面からFK。DFベルハジが左足で直接狙うがGK菅野がパンチングで阻止。
 
 同21分、柏は左サイドからのDF橋本のクロスを北嶋が懸命に頭で合わせにいくが、GKと接触。

 同26分、柏は右サイドから持ち込んだ田中が左足で強烈なシュートを放つが、右ポストに当たる。
 
 同27分、柏は、こぼれ球を拾ったDF酒井がゴール右に持ち込んでマイナス気味に折り返し。中央にいた田中が左足を振りぬくが、GKサクルが好セーブ。直後のCKも北嶋のヘッドは枠外。

 同35分、アルサドは、ハルファンからのパスを受けたFWケイタが豪快に右足を振り抜くがGK菅野が好セーブ。

 同39分、柏は右CKからニアの北嶋が頭で合わせるが、GKがパンチングで阻止。

 前半を0-0で折り返す。

 後半9分、MFジョルジ・ワグネルの右CKに味方が反応できず。そのこぼれ球を再びジョルジ・ワグネルが蹴りこむが好機を作れず。

 同16分、北嶋のシュートが相手DFに当たり、そのこぼれ球を水野が直接蹴り込むがゴール左に。

 同17分、橋本の左サイドからのクロスに北嶋が胸でワントラップして押し込もうとするが、GKが体を詰めて阻止。

 同29分。アルサドは、約30メートルのFKを獲得。DFアブドゥルマジェドが左足シュートを放つが、菅野がセーブ。

 同41分、柏の右CK。ニアのDF近藤が頭で合わせるが枠をとらえられず。

 0-0で後半終了。PK戦に突入。

 【PK戦】

 アルサド1人目・ニャング○ ゴール左に決める。

 柏1人目・ジョルジ・ワグネル○ GKの逆をつきゴール左にきめる。

 アルサド2人目・ケイタ○ ゴール左へ。

 柏2人目・沢○ グラウンダーのシュートがゴール左隅に決まる。

 アルサド3人目・アブドゥルマジェド○ 左足で放ったシュートはゴール左上に決まる。

 柏3人目・林× グラウンダーのシュートはGKに止められる。

 アルサド4人目・アル・ハイドス○ ゴール右に決まる

 柏4人目・大谷○ ゴール左上に突き刺し成功。

 アルサド5人目・ベルハジ○ GKの逆をついてゴール左へ。アルサドの3位が決まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月18日のニュース