香川が攻撃けん引「続けていればチャンスはくる」

[ 2011年12月18日 16:03 ]

フライブルク戦でシュートを放つドルトムントの香川

ブンデスリーガ ドルトムント4―1フライブルク

(12月17日)
 トップ下でフル出場したドルトムントの香川が、攻撃をけん引した。先制点の場面ではワンツーパスで抜け出し、相手GKの動きを見透かすようにパス。「冷静に判断できた。うまく流せた」と語った。

 自身では点を奪えなかったが「今はいい状態だし、得点に絡めていることもいいこと。続けていればチャンスはくると思う」と前を向いた。

 チームは首位バイエルン・ミュンヘンと、勝ち点3差の2位で前半を終了。香川は「けが人もいる中での、この状況は評価していいと思う」と話した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月18日のニュース