ネルシーニョ監督「90分間で勝とうと戦ったのは柏だけ」

[ 2011年12月18日 19:33 ]

PK戦でアルサドに敗れ、肩を落とす林(中央下)ら柏イレブン

クラブW杯3位決定戦 柏0―0(PK3―5)アルサド

(12月18日 横浜国際)
 PK戦の末、アジア王者のアルサドに敗れた柏だったが、ネルシーニョ監督は「90分間で勝とうと戦ったのは柏だけだった。成長につながる大会だった」と語った。だが、「ただ、準決勝に続いて最後に決められない試合を繰り返してしまった」と19本のシュートを放ちながら再三の決定機も得点に結びつけられなかった展開を悔やんだ。

 ▽アルサド・フォサティ監督の話 自分たちの持っている力を出し切って勝つことができた。(柏が準決勝で対戦した)サントスよりいい守備ができた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月18日のニュース