ペトロ新監督の前で教え子・柏木がゴール!浦和8強

[ 2011年12月18日 06:00 ]

<愛媛・浦和>後半32分、浦和・柏木がゴールを決める

天皇杯4回戦 浦和3-1愛媛

(12月17日 熊谷陸)
 来季監督就任が決まったペトロヴィッチ氏が見守る中、浦和がJ2愛媛を3―1で下して2年連続8強入りを決めた。

 前半9分にMFマルシオ・リシャルデスの35メートルFK弾で先制すると、同38分にはFW原の今大会3試合で4点目となるゴールで追加点。後半32分には新指揮官の広島時代の教え子でもあるMF柏木のゴールでダメを押した。

 柏木は「相手を疲れさせるのも一つの作戦。それを皆が理解したらミシャ(ペトロヴィッチ氏の愛称)が来た時にやりやすい。“球は疲れない”が口癖やからね」。ペトロサッカーの伝道師として、勝利にも反省を忘れなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月18日のニュース