大宮7度目の無得点 李天秀負傷で攻撃単調

[ 2011年8月25日 06:00 ]

<新潟・大宮>前半、村上とボールを奪い合う藤田(中央)

J1第23節 大宮0―0新潟

(8月24日 東北電ス)
 大宮は序盤にFW李天秀が負傷退場したこともあり、ロングボール主体の攻撃で今季7度目の無得点に終わった。

 何とかドローで終わらせたものの、攻守の要のMF上田は「攻撃に厚みがなかった」と反省した。最近5試合は計4得点で勝利がない。攻撃力アップに向け、鈴木監督は「相手ゴール前で攻め手を増やさないと」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年8月25日のニュース