赤嶺が先制弾!“磐田キラー”公式戦9戦10発 

[ 2011年8月25日 06:00 ]

<磐田・仙台>後半3分 先制ゴールを決め喜ぶ赤嶺

J1第23節 仙台1―1磐田

(8月24日 ヤマハ)
 仙台は“磐田キラー”FW赤嶺が決めた。後半3分、FW太田の右クロスに「ボールが来ると信じて、後ろから走り込んだ」とヘディングシュート。いったんはGK川口に阻まれたが、こぼれ球を自ら押し込んだ。

 これで前所属のFC東京時代から合わせて、磐田との公式戦では9戦10発。お得意さまから先制点を奪ったが、その後追いつかれ、連勝はならなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年8月25日のニュース