西野采配ズバリ!「時に味方も欺く」大塚先制弾

[ 2011年8月25日 06:00 ]

<J1 G大阪・柏>後半36分、ゴールを決めたG大阪・大塚(左)に抱きつく西野監督

J1第23節 G大阪2―0柏

(8月24日 万博)
 G大阪は西野監督の采配が的中し、首位をがっちりキープした。後半8分から今季初出場させた大塚が先制点。1分後には、いずれも後半から出場のアフォンソ―平井とつなぎ追加点を奪った。

 MF金承龍に代わって起用された大塚は、本職のFWではなく左MFでの起用だったが、昨年の広州アジア大会の優勝メンバーの意地でゴールを奪った。「まだまだ簡単なミスが多い」と出場直後のパスミスを振り返った大塚に関し、指揮官は「時に味方も欺くプレーをするが、こういう沈滞した中で必要だと感じさせてくれた」。今夏にアドリアーノと宇佐美が移籍しただけに、その穴を埋める教え子の成長に上機嫌だった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年8月25日のニュース