原口 前半寝てたけど…決意の代表アピール弾!

[ 2011年8月25日 06:00 ]

<浦和・広島>後半9分、原口が先制ゴールを決める

J1第23節 浦和1―1広島

(8月24日 埼玉)
 浦和のエースFW原口が、視察した日本代表・ザッケローニ監督の前で得意なプレーを見せつけた。

 後半9分、左スローインから味方が粘ったこぼれ球を拾い、すかさず右足で2試合ぶり8点目となる先制弾。「あそこは何千本と打ってるけど、今週はなかなか決まらなくて、だいぶ打ちこんだ。それが生きたと思う」と振り返った。

 今月上旬には初めて日本代表候補合宿(札幌)に招集されたが、右足首捻挫の影響で連日別メニュー。それだけに指揮官の視察は「意識してないといったらうそになる」と決意を胸に秘めていた。「アピール?前半寝てた(何もしていない)からどうですかね」。あとは黙って吉報を待つだけだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年8月25日のニュース