バイエルンCL本大会へ 宇佐美に追い風も

[ 2011年8月25日 06:00 ]

<バイエルンM・チューリッヒ>ドリブル突破を図るリベリ(右)

欧州Clプレーオフ第2節 バイエルンM1―0チューリッヒ

(8月23日)
 欧州CLプレーオフ第2戦の5試合が23日に行われ、バイエルン・ミュンヘンはチューリヒを1―0で下し、2戦合計3―0で本大会出場を決めた。FW宇佐美貴史はベンチ外。オーデンセに第1戦で敗れていたビジャレアルはFWロッシの2得点などで逆転突破した。

 バイエルンMは開始7分にFWゴメスが先制弾を決め、今季公式戦5試合で1失点の守備陣がリードを守った。ハインケス監督は「守備がいいチームなので得点後は神経質にならずにプレーできた」と振り返った。ベンチ外だったFW宇佐美は「お疲れさまです」と話しただけだったが、股関節を痛めて出番がなかったMFロッベンは翌24日に全治未定で離脱が決定。FWオリッチも負傷離脱しており、宇佐美には追い風となりそうだ。(チューリヒ・三村祐輔通信員)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年8月25日のニュース