清水“守った”勝ち点1!高原は筋膜損傷の疑い

[ 2011年8月25日 06:00 ]

<Jリーグ 山形・清水>後半、山形・川島のPKを止めた清水・山本海はガッツポーズ

J1第23節 清水1―1山形

(8月24日 NDスタ)
 清水はチーム得点王のFW高原が負傷退場した。試合開始早々、左足底の違和感を訴え、前半20分に交代。筋膜損傷の疑いで、25日に精密検査を受けることになった。

 チームは後半23分に太田がスーパークリアを見せ、後半44分にはDF村松がペナルティーエリア内で相手を倒して退場しながら、そのPKをGK山本海が阻止するなど守備陣が奮闘してドロー。ゴトビ監督は「前節に続いて先制しながら勝ち点3を奪えなかったのは残念」と悔やんだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年8月25日のニュース