槙野と矢野に移籍の可能性 独キッカー誌が報じる

[ 2011年8月25日 20:30 ]

サッカーのドイツ1部リーグでケルンの日本代表DF槙野智章とフライブルクのFW矢野貴章が31日までに移籍する可能性があると25日付の専門誌キッカーが「バーゲン、ラストスパート」の見出しで報じた。

 同誌は移籍期間終了前に1部各クラブの動向を分析する記事の中で、槙野については「試合経験を積むことが必要であり、移籍の候補者である」と指摘。また、矢野に関しては「本人は残留を希望しているが、移籍の話が出ている」と伝えた。2人は所属クラブで控えに甘んじており、今季はリーグ戦で出場機会がない。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年8月25日のニュース