ザック監督 将来見据えて原口招集、憲剛は「心身ともに良い状態」

[ 2011年8月25日 17:07 ]

サッカーW杯ブラジル大会アジア3次予選の代表選手を発表し、記者会見する日本代表のザッケローニ監督

日本代表メンバー発表

 9月のW杯アジア3次予選2試合に臨む代表メンバー23人を発表した日本代表のザッケローニ監督は、言葉の端々に招集選手への強い信頼感をにじませ、いよいよ始まるW杯予選への意欲を語った。

  ×  ×  ×  

 ―3次予選に向けて。

 「日本においてサッカーの代表チームは重要な役割を持っている。国民の期待に応えたい。選手は着実に自信を深めてきたし、技術的には選手間の距離感やプレーの速度が進歩した。重圧は大きいが恐れることはない」

 ―原口を初招集した。

 「現在だけでなく将来を見据えたメンバー選考も必要だ。加速しながらのプレーなど、Jリーグで安定して披露している持ち味を代表でも試す時が来た。代表での経験は成長の肥やしにもなる」

 ―中村は久々の復帰。

 「Jリーグを常に視察し、あらゆる選手の状態を知っている。中村は故障した時期もあったが、今は心身ともにとても良い状態にある。パス技術に卓越し、経験豊富だ」

 ―長友は見送った。

 「所属チームで練習は始めたが、実戦ではプレーしていない。そこでしっかり復帰するのが先決。松井(ディジョン)と家長(マジョルカ)も所属チームで調子を取り戻せば呼び戻す」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年8月25日のニュース