【太田章の目】研究され尽くした吉田沙保里 自分のレスリングさせてもらえず

[ 2016年8月19日 08:06 ]

<女子レスリング・53キロ級 決勝>マルーリスにポイントを奪われる吉田

 吉田は、見ていてかわいそうと思うぐらい、自分のレスリングをさせてもらえなかった。五輪4連覇を狙う女王にとって、技という技をすべて研究され、対策をされることは仕方がない。それにしても、レスリングをさせてもらえなかった。

 相手は、吉田の持ち味のタックルを完全に封じてきた。予想されたこととはいえ、吉田は両手、両足を固められたまま試合をしているような雰囲気になった。その中で、普段は使わない、自信もない首投げを、体勢を崩したまま出して逆にポイントを奪われた。見ていて苦しくなるような試合展開だった。

 4連覇を果たした伊調との違いは、伊調は攻めることもできたし、攻められもしたことだろう。吉田は、攻撃力が突出していただけに、相手は全く攻撃をさせない、自分から攻撃もしない対策をとってきた。言い訳はできないとしても、やはり、吉田を責めることはできないと思う。

 それでも、吉田が引っ張ってきた日本女子レスリングは、6階級中5階級で決勝に進出し、4個の金メダルを獲得した。思う存分に攻撃できた川井は、見事に金メダルを獲得し、4年後への期待をつないだ。1回戦で敗れてしまった渡利も、もう少しうまく戦えば勝てたような試合だった。東京五輪へ、流れをつないだ6階級の戦い。6選手すべてが、誇りを胸に帰ってきてほしい。 (1984年ロサンゼルス、88年ソウル五輪男子フリー90キロ級銀メダル、早大スポーツ科学部教授)

続きを表示

「東京五輪」特集記事

「パラリンピック」特集記事

2016年8月19日のニュース