準決勝で奥原破った1メートル79プサルラ「うれしい」

[ 2016年8月19日 05:30 ]

女子シングルス準決勝で、インドのプサルラ(右)に敗れた奥原希望(共同)
Photo By スポニチ

リオデジャネイロ五輪・バドミントン女子シングルス

(8月18日)
 1メートル79の長身を生かした強打で奥原を圧倒した。決勝進出を決めた21歳のプサルラは「とてもうれしい。ストレートで勝てるとは思っていなかった」と興奮気味にまくし立てた。

 母国ファンの大声援を背に最後は連続11得点。準々決勝で前回ロンドン五輪銀メダルの王儀涵(オウギカン、中国)から金星を挙げた勢いそのままに、過去1勝3敗だった奥原を退けた。

続きを表示

「女子アイスホッケー代表 スマイルジャパン」特集記事

「坂本花織」特集記事

2016年8月19日のニュース