PR:

米国リレーチームの強盗被害はウソ 訴追も検討 米五輪委が謝罪

 リオデジャネイロ五輪競泳男子で金メダルに輝いた米国のリレーチームの選手4人が強盗被害を警察に通報したことについて、リオデジャネイロ州文民警察のベロゾ長官は18日、選手の1人が作り話だと認めたことを明らかにした。虚偽申告容疑などでの刑事訴追も検討されるという。

 米国オリンピック委員会(USOC)は18日、声明を発表し「容認できない振る舞いで、米国チームの価値観にそぐわない」と非難、主催者側やブラジル国民に謝罪した。

 4人のうち、ライアン・ロクテ選手は既に帰国。他の2人は警察の事情聴取の後、帰国を許された。残るジェームズ・フィーゲン選手もパスポートの返還を待っている。

 ロクテ選手らは14日早朝、リオデジャネイロ市南部で開かれたパーティーからタクシーで選手村に戻る途中、銃を持った警官を名乗る一団に襲われ、財布などを奪われたと訴えていた。

 USOCの声明などによると、4人は実際にはパーティーからの帰途に立ち寄った西部バーラ地区のガソリンスタンドでトイレの扉などを壊し、警備員2人に銃を向けられた。修理費を要求され、金を支払ってその場を立ち去ったという。

 ベロゾ氏は「理論的には虚偽申告と器物損壊の罪に問われる可能性がある」と語った。リオ市民に謝罪するべきだとの考えも示した。

 大会組織委員会の広報責任者は18日「若者たちは間違いを犯した。大目に見ましょう」と述べている。(共同)

[ 2016年8月19日 09:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      2020年東京五輪

      2018年平昌五輪