登坂の金に栄リーダーも感嘆「計算ずくじゃないけど、神業だよ」

[ 2016年8月19日 05:30 ]

リオ五輪<女子レスリング48キロ決勝>日の丸を手に場内1周する登坂(左は栄監督)

リオデジャネイロ五輪レスリング・フリースタイル女子48kg級

(8月17日 カリオカアリーナ)
 日本代表の栄チームリーダーは登坂の決勝について、「前半から仕掛けて相手(スタドニク)をバテさせた。計算ずくじゃないけど、神業だよ」と感嘆の声を上げた。

 試合中は足の位置など的確なアドバイスで戴冠に導いた。

 決勝入場前には「楽しいか?」と声をかけると、登坂から「はい!楽しいです」と返ってきたが、登坂は「全然楽しくないよ~って思っていた。“はい”って言わざるを得ない状況だった」と笑みを浮かべながら真相を明かした。

続きを表示

「女子アイスホッケー代表 スマイルジャパン」特集記事

「坂本花織」特集記事

2016年8月19日のニュース