キルギス選手のメダル剥奪 ドーピング違反、今大会初

[ 2016年8月19日 01:37 ]

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は18日、リオデジャネイロ五輪の重量挙げ男子69キロ級で銅メダルを獲得したイザット・アルティコフ選手(キルギス)がドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したため失格とし、メダルを剥奪すると発表した。

 検出されたのは興奮剤のストリキニーネで、今大会のメダリストでは最初の違反となった。(共同)

続きを表示

「女子アイスホッケー代表 スマイルジャパン」特集記事

「坂本花織」特集記事

2016年8月19日のニュース