【山陽オート G1令和グランドチャンピオンカップ】鈴木圭一郎圧巻! 18度目のG1制覇

[ 2024年4月14日 19:38 ]

自身18度目のG1優勝を飾った鈴木圭
Photo By スポニチ

 山陽オートのG1「第5回令和グランドチャンピオンカップ」は最終12Rで優勝戦(4100メートル)が行われ、鈴木圭一郎(29=浜松)がVを決めた。

 3月の山陽での特別G1共同通信社杯プレミアムC初日からの、自身2度目となる13連勝で18度目のG1優勝を飾った。

 2着に青山周平、3着には荒尾聡が入った。

 勝負は早々と2強のマッチレースとなった。2周3角、鈴木圭がインから切り込み先頭に躍り出る。すかさず青山も2番手につけた。

 ポイントは5周3角だった。青山が内から勝負をかけて攻め込む。だが流れた。すかさず鈴木圭がすくって再逆転。強い気持ちで集中。コースを外すことなくゴールまで突き抜けた。

 レース後、鈴木圭に笑顔はなかった。「きれいなレースとは言えなかった。チャンスと思って行ったけど技術面で曲がれなかった。素直に喜べない」

 マシンは節イチの状態に仕上げていた。道中の再逆転をこう振り返る。「凄く気持ち良く乗れていたのに入られた。これでやられたらしようがないと思うコースを開けて走っていた。最後の1周は少し小さくなったけど、ペースは悪くなかった」。最後まで冷静だった。

 次節はSG「第43回オールスター・オートレース」(24~29日、飯塚)。「流れはいいので整備日からしっかり冷静に整備します」。反省を糧に、圭一郎は結果を追い求めていく。

 ◇鈴木 圭一郎(すずき・けいいちろう)1994年(平6)11月30日生まれ、東京都出身の29歳。2013年7月に32期生として登録。同期は鈴木宏和、小林瑞季らがいる。今回でG1は18V。SG14V、G2は6V、通算74度目の優勝。1メートル59、50キロ。血液型A。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年4月14日のニュース