【ドゥラメンテC】セイウンプラチナで千葉師初勝利「感無量。縁のある西山オーナーの馬で勝ててうれしい」

[ 2024年4月14日 15:32 ]

 14日の中山10R・ドゥラメンテC(芝2500メートル)でセイウンプラチナが逃げ切って1着となり、3月開業の千葉直人師(37)はJRA初勝利を挙げた。

 千葉師は「感無量です。助手時代からお世話になっていて縁のある西山オーナーの馬で勝ててうれしい。1期下の藤岡康太はかわいい後輩で、最近“乗せてください”と言われたばかりだった。そういうことも含め、初勝利できて良かった」と話した。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月14日のニュース