【アーリントンC】戦い終えて

[ 2024年4月14日 05:06 ]

 ▼4着ワールズエンド(ムルザバエフ)力みもあったがラストは素晴らしい脚を使ってくれました。

 ▼5着ポッドテオ(北村宏)坂の下で押し切れると思ったが、最後までよく踏ん張ってくれています。

 ▼6着オフトレイル(武豊)思ったよりスローペースになった。外枠で厳しい競馬になってしまった。

 ▼7着タイキヴァンクール(幸)いいポジションで運べたし、直線の手応えも良かった。伸びしろがありそう。

 ▼8着ジュンヴァンケット(岩田望)2走目で競馬を覚えてしまったことで折り合いを欠いてしまった。

 ▼9着シヴァース(川田)返し馬からテンションが上がり、ゲートの中で我慢できなかった。改めてですね。

 ▼12着セレスト(川端)ゲートを出過ぎてしまったし、もう少しペースも流れてほしかったです。

 ▼13着アスクワンタイム(松若)スタート、折り合いは問題なかった。

 ▼14着グローリーアテイン(松山)窮屈な競馬になってしまいました。

 ▼15着シンドリームシン(浜中)ポテンシャルは高いが、まだそれを出せない体質なので…。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年4月14日のニュース