【春雷S】サトノレーヴV モレイラ「最後までファイトしてくれた」

[ 2024年4月14日 20:36 ]

 14日の中山12R・春雷S(芝1200メートル)は単勝1・9倍の1番人気を背負ったサトノレーヴ(牡5=堀、父ロードカナロア)がV。トップハンデタイの57キロを感じさせない伸びで、最後は粘るサーマルウインドを頭差で競り落とした。モレイラは「ここまで4勝を挙げている馬で、返し馬から能力があると思った。最も重いハンデでも最後までファイトしてくれて、これからが楽しみな馬です」と能力を高く評価した。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「北九州記念」特集記事

2024年4月14日のニュース