【高知競輪 開設74周年記念G3よさこい賞争覇戦】阿部将大 高知はお任せ「ギリギリ差せた」

[ 2024年4月14日 18:27 ]

優勝賞金ボードを手に笑顔の阿部将大
Photo By スポニチ

 高知競輪の開設74周年記念「よさこい賞争覇戦(G3)」は12Rで決勝戦が行われ、阿部将大(27=大分)が直線で伸び切ってV。22年3月高知以来、2度目のG3優勝を飾った。

 落ち着いた並びは前から犬伏-清水、阿部-大坪、新山-佐藤-永沢に単騎の深谷、坂井。

 新山が上昇するが犬伏が突っ張り、出させない。最終ホームでは深谷と坂井がスイッチして新山は7番手。

 犬伏のカカリが良く、後方からの仕掛けはない。最終2センターから深谷が踏み込むが伸びを欠く。直線は清水と直後にいた阿部の一騎打ちとなり、阿部が清水のけん制を耐えて伸び切った。

 「めちゃめちゃうれしい。メンバーがメンバーなので勝ちにこだわった。スタートは前の方にいないと勝負にならないと思った。いい位置が取れた。犬伏さんの行く気が凄かったので、あとは清水さんを信頼。清水さんの後ろだけを見ていた。最後はギリギリ差せたと思った」

 まるで地元選手のように高知バンクの伸びるコースを踏み切った。「街道練習が中心なので、どちらかと言えば街道に近い感じ」。どちらかといえば苦手とする選手も多い高知バンク。しっかり味方につけ、S班選手に伸び勝った。

 「今回のレース内容は良くないので、もっと自力を出して勝ちたい」。さらに脚力を強化してのグレードレースでの活躍を誓った。

 ◇阿部 将大(あべ・まさひろ)1996年(平8)6月14日生まれ、大分県出身の27歳。117期。20年5月デビュー。通算311戦115勝。優勝は20回目。1メートル74、74キロ。血液型A。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月14日のニュース