【浜松オート】あすスポニチ杯開幕!主役は地元・木村武之だ!

[ 2024年4月14日 12:00 ]

シリーズの主役は地元・木村武之
Photo By スポニチ

 浜松オートの「第17回スポーツニッポン新聞社杯」は4月15~18日の4日制で行われる。

 地元S級は木村武之と笠木美孝の2人。シリーズの主役を担うのは木村武之だ。

 今年に入って1月シルクカップ(伊勢崎)、同スピード王決定戦(浜松)、2月全日本選抜(川口)といずれも準決勝戦3着と惜敗。グレード戦のタイトルを狙うにはエンジン的に足りない状況が続いた。わずかな光明が差したのが3月川口のGⅠ開設記念グランプリレース。いまひとつパッとしないまま準決勝戦に乗るには乗ったという状況から一転、10線4枠からここ一番のスタート攻勢でトップに立った。青山周平に抜かれたものの、2着に粘った。その時その時でハマればやはりSG3V、GⅠ17Vの超一流レーサー。ファイナルでも序盤から主導権を握ってキムタケここにありをアピールした。次節のSGオールスター(4月24~29日、飯塚)を視野に入れて、地元の看板を背負う。

 50歳を超えてなおS級を堅持する笠木。2節前の地元開催初日の白星で通算700勝にリーチをかけた。ベテランの走りで達成なるか。堂々の優勝候補に挙がるのが37期の超新星、森下輝(ひかる)。同期でデビュー13連勝の新記録を達成した朝倉樹良に負けず劣らずの2V。ハイペース逃げで独走展開に持ち込む。

 そのほか地元勢ではパンチある中村友和、岩科鮮太、松山茂靖が争覇圏内。対する遠征勢は伊勢崎から伊藤正真、吉原恭佑、内山高秀のS級3人が参戦する。注意すべき伏兵は金山周平。エンジンと足周りがマッチして3月以降3Vと絶好調だ。

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月14日のニュース