【皐月賞】ジャスティンミラノの戸崎「この差は康太が後押ししてくれた」死去の藤岡康太さんに捧げるV

[ 2024年4月14日 16:33 ]

G1・皐月賞 ( 2024年4月14日    中山芝2000メートル )

<皐月賞>レースを制したジャスティンミラノ(左)と2着のコスモキュランダ
Photo By スポニチ

 皐月賞は2番人気ジャスティンミラノ(牡3=友道)が制し、G1初制覇を飾った。勝ち時計1分57秒1はレースレコードだった。

 戸崎は勝利騎手インタビューで、10日に死去した藤岡康太さんへの感謝を口にした。

 ─関係者からはどんな言葉を
 「おめでとうということで。馬の状態もいいと聞いていた。この馬に関して藤岡康太ジョッキーが2週前、1週前と攻め馬つけてくれて、僕も阪神競馬場に言っていて事細かく状態の方を教えてもらった。この差は康太が後押ししてくれたんじゃないかと、つくづく感じています」

 ─この1勝は特別なもの
 「レース前から康太の思いも感じて乗せてもらった。勝ったことで康太も喜んでくれているんじゃないかな」

 ─スタートから1コーナーまでは
 「ある程度、前の位置につけた方がいいんじゃないかと。スタートだけ気を付けていた。いいスタートを切ってくれたし、ある程度ポジションを取りに行ったというか、自然とあの位置にポジションを取れた」

 ─ハイペースだった
 「流れているなと感じたが、ジャスティンミラノも自分のリズムで走れていた」

 ─直線は
 「3、4コーナーで少し反応が鈍くなり、ワンターンの競馬をしていたので少し戸惑ったのかなという気持ちだったけど、4コーナーではまたハミを取ってくれたので差し切ることができた」

 ─無敗の皐月賞馬
 「強い馬と巡り会えて心から感謝しています」

 ─いいところ、もっと伸びていきそうなところ
 「今日もパワーアップしていたし、賢い馬。乗りやすさもある。距離が延びてもいいのかな」

 ─次はダービー
 「僕自身、2着2回と惜しい競馬が続いている。この馬とともにダービーを勝っていい景色を見たい」

 ▼皐月賞 英2000ギニーを模範に1939年、横浜(根岸)競馬場で「横浜農林省賞典四歳呼馬競走」として創設。海軍による競馬場接収により43年に東京移設。戦争による中断を挟み49年から中山で「皐月賞」として施行されている。

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月14日のニュース