【中山GJ】戦い終えて

[ 2024年4月14日 05:03 ]

 ▼2着ジューンベロシティ(森一)イメージ通りの競馬ができましたが昨年の勝ち馬が強かった。

 ▼3着ニシノデイジー(五十嵐)スタートは出れて道中はリズム良く運べた。飛越もミスなかったが外コースの時にロスがありそこで勢いがなくなった。

 ▼4着エコロデュエル(小野寺)急きょの代打だったが悔いのないようにと思っていた。正攻法の競馬ができたが最後は苦しくなってしまった。

 ▼5着ビレッジイーグル(大江原圭)スタートがよかったので2番手から運んだ。手応えもよかったが勝ち馬が道中で上がっていった時に一緒についていってしまった。もう少し待てればよかった。

 ▼7着ダイシンクローバー(高田)馬は仕上がっていたし飛越もうまかった。最後は休み明けの分が響き手応えが苦しくなった。

 ▼8着ギガバッケン(伴)いい馬だが今回は力の差があった。

 ▼9着フロールシュタット(上野)大いけ垣の手前で追走が苦しくなった。

 ▼10着ワンダークローバー(難波)もう少しついていけるかと思ったが、ペースが速かった。

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月14日のニュース