【中山9R・山藤賞】ヤマニンアドホック 会心の逃げ切りV 津村「課題の折り合いがついていた」

[ 2024年4月14日 05:02 ]

<中山9R 山藤賞>レースを制したヤマニンアドホック(左)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 中山9R・山藤賞は4番人気ヤマニンアドホック(牡3=辻、父ノヴェリスト)が逃げ切った。

 手綱を取った津村は「テンションが高かったので無理に抑えずハナに立った。好スタートからリズム良く行けたし、精神面で大人になればもっと良くなる」。辻師は「課題の折り合いもついていた。今後についてはオーナーと相談したい」と語っていた。

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月14日のニュース