【皐月賞】シンエンペラー5着 坂井「現状の力は出し切れたと思う」

[ 2024年4月14日 19:31 ]

 皐月賞は2番人気ジャスティンミラノ(牡3=友道)が制し、G1初制覇を飾った。勝ち時計1分57秒1はレースレコードだった。

 中団から運んだシンエンペラーは5着、外国産馬初の皐月賞Vはならなかった。

 坂井は「勝ち馬をマークしながら道中はいい感じに運べたが、ペースが速かった。現状の力は出し切れたと思う」と振り返った。それでもダービーの優先出走権は確保。矢作師は「ペースが速過ぎましたね。ダービーに向かいます」と語った。

 ▼皐月賞 英2000ギニーを模範に1939年、横浜(根岸)競馬場で「横浜農林省賞典四歳呼馬競走」として創設。海軍による競馬場接収により43年に東京移設。戦争による中断を挟み49年から中山で「皐月賞」として施行されている。 

続きを表示

「2024 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2024年4月14日のニュース