【皐月賞】藤岡佑介のミスタージーティーは10着「落ち着いて臨めました」弟・康太さん死去の悲しみこらえ

[ 2024年4月14日 16:52 ]

G1・皐月賞 ( 2024年4月14日    中山芝2000メートル )

藤岡佑介
Photo By スポニチ

 皐月賞は2番人気ジャスティンミラノ(牡3=友道)が制し、G1初制覇を飾った。勝ち時計1分57秒1はレースレコードだった。

 藤岡佑介が騎乗したミスタージーティー(牡3=矢作)は10着だった。

 落馬事故により10日に弟の康太さんが死去。悲しみをこらえて騎乗した兄は、「落ち着いてレースに臨めました。勝つには好位をとるしかないと思っていて取りたいポジションを取れましたが、今日は力負けだった」と振り返った。

 ▼皐月賞 英2000ギニーを模範に1939年、横浜(根岸)競馬場で「横浜農林省賞典四歳呼馬競走」として創設。海軍による競馬場接収により43年に東京移設。戦争による中断を挟み49年から中山で「皐月賞」として施行されている。

続きを表示

「2024 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2024年4月14日のニュース