【富士S】2着サトノウィザード 大外一気で上がり最速33秒3、戸崎「決め手生かせた」

[ 2021年10月24日 05:30 ]

レースを制したソングライン(右)。左は2着のサトノウィザード(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 最後方からの大外一気で強襲したサトノウィザードは勝ち馬まではかわせず2着。上がり3Fはメンバー断トツの33秒3と驚異的な数字を叩き出した。戸崎は「この馬の決め手を生かせた。かわせるかと思ったが、並んでから勝ち馬も伸びて脚色が同じになってしまった」と悔しそう。厩舎の初重賞勝利にあと一歩だった宮田師は「声が出ましたね…。G1に出走するとなると賞金が微妙なので今後はオーナーと相談したい」と話した。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年10月24日のニュース