×

【菊花賞】(13)アリーヴォ 初の大舞台心待ち、杉山晴師「いい状態で出せる」

[ 2021年10月24日 05:30 ]

 アリーヴォは朝一番、坂路を元気いっぱいに駆け上がった。杉山晴師は「追い切った後も変わりなく、折り合い面も心配はない」とうなずく。重賞初挑戦がいきなりG1舞台となるが「この2カ月で成長しているし、いい状態で出せる。現状でどれだけやれるか」とレースを心待ちにしていた。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年10月24日のニュース