【菊花賞】3番人気オーソクレース2着 ルメールお手上げ「勝ち馬が強すぎた」

[ 2021年10月24日 17:09 ]

<菊花賞>2着に終わり引き揚げるオーソクレース(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 42年ぶりに阪神で行われた「第82回菊花賞」は4番人気タイトルホルダー(牡3=栗田、父ドゥラメンテ)が逃げ切り、G1初制覇を飾った。

 ゴール前の2着争いは3頭が馬体を並べてゴール。中団から追い上げたルメール騎乗の3番人気オーソクレース(牡3=久保田、父エピファネイア)が2着を確保した。

 鞍上・ルメールは「いい競馬をしてくれた。3、4コーナーの反応は遅かったけど、最後はいい戦いとしてくれたね。勝ち馬が強すぎたので2着はいい結果だったと思います」とコメントした。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年10月24日のニュース