×

【菊花賞】(8)エアサージュ 長距離適性あり、池添学師「太め感なく仕上がった」

[ 2021年10月24日 05:30 ]

 エアサージュは角馬場で入念に運動してからCWコースを周回した。池添学師は「落ち着きがあるし、太め感なく仕上がった」と好感触。8月の北海道シリーズで連勝。芝2600メートルの前走は危なげなく逃げ切っており、「跳びが大きい馬なので長丁場は合う」と適性の高さを強調した。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年10月24日のニュース