【東京5R・2歳新馬戦】2番人気プレサージュリフトがデビュー勝ち 大野「切れる脚を使いますね」

[ 2021年10月24日 12:50 ]

<東京競馬5R新馬戦>レースを制したプレサージュリフト(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東京5R・2歳新馬戦(芝1600メートル)は後方を追走した2番人気プレサージュリフト(牝=岩戸、父ハービンジャー)が外からメンバー最速の上がり3F33秒3の非凡な瞬発力で突き抜けた。母シュプリームギフトは13年函館スプリントS2着、14年キーンランドC3着など重賞戦線で活躍した。

 騎乗した大野は「切れる脚を使いますね。ゲートの開閉に驚くようなところがあって、その辺りの慣れは必要だけど、外枠からスムーズに運べた。オンとオフが利いた走りだった」と称えていた。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年10月24日のニュース