×

【菊花賞】(12)ノースザワールド しぶとさ見せる、陣営「折り合いさえつけば面白い」

[ 2021年10月24日 05:30 ]

 ノースザワールドはCWコースで汗を流した。1勝クラスはダートで突破したが、近2走は芝で連続2着と好走。キャリア11戦でも大敗の経験はなく、タフさも兼ね備えている。谷口助手は「折り合いさえつけば面白い。タフで、切れないけどジリジリ伸びる」としぶとさに期待を寄せていた。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年10月24日のニュース