【東京新馬戦】伏兵デリカテス 早め抜け出しで初陣V!坂井「いい反応だった」

[ 2021年10月24日 05:30 ]

レースを制したデリカテス(右)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東京5R新馬戦(芝2000メートル)は11番人気の伏兵デリカテス(牡=高橋義、父キズナ)が外枠から果敢に先行して早めに抜け出す強い競馬。関西馬が掲示板を独占した。坂井は「調教よりも芝の実戦で良さが出た。しまいもしっかり伸びていい反応だった」と笑顔。高橋義師は「まさか勝つとは…。キズナ産駒で広いコースが合うかなと思っていた。成長の余地はまだまだあるはず」と話した。次走は未定。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2021年10月24日のニュース