【富士S】3着タイムトゥヘヴン 距離再短縮はまった、柴田善「しまいの脚も良かった」

[ 2021年10月24日 05:30 ]

3着でレースを終えたタイムトゥヘヴン(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 マイルへの距離再短縮がはまったタイムトゥヘヴンが10番人気の低評価を覆す3着。出遅れて後方の位置取りとなったが、猛然と追い込んだ。柴田善は「ゲートの中でソワソワして遅れてしまった。稽古の動きが良かったし、レースのしまいの脚も良かった。今日乗った感じなら、距離はマイルぐらいが丁度いいんじゃないかな」と振り返っていた。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年10月24日のニュース