【菊花賞】AI予想 ディヴァインラヴ◎典型的な「上がり馬」、実績より勢い重視

[ 2021年10月24日 05:30 ]

SIVA・菊花賞
Photo By スポニチ

 クラシック最終戦の阪神11R・菊花賞は出走各馬の指数が伸び悩んで大混戦の予測。◎には唯一の牝馬である(11)ディヴァインラヴ(指数77)が指名された。夏場に小倉と中京で条件クラスを連勝してきた典型的な「上がり馬」。SIVAは実績より勢いを重視した形だ。春2冠でいずれも3着だった(14)ステラヴェローチェが〇。前哨戦の神戸新聞杯Vも含めて今回の出走メンバーでは明らかに実績上位だが、指数は76で2番手にとどまっている。買い目は◎から〇▲☆と△1番手への4点と、〇からも▲☆と△1番手に流す計7点。

 ◆SIVA(シヴァ) スポニチがGAUSS(ガウス)社と共同開発した競馬予測AI。PCウェブ版とスマホアプリ版があり、毎週末に新馬・障害を除く全レース予想を公開中。過去のレースデータから算出する指数(100点満点)を基に予想する。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年10月24日のニュース