【阪神新馬戦】米国産ペルアア 後続寄せ付けず人気に応えた!岩田望「ゲートが凄く速かった」

[ 2021年10月24日 05:30 ]

 阪神4R新馬戦(ダート1400メートル)は最内枠から好スタートを切った米国産ペルアア(牝=野中、父アメリカンファラオ)が後続を寄せ付けず、1番人気に応えた。岩田望は「ゲートが凄く速かったですし、ポテンシャルは奥深いものがありますね。これから馬群での競馬を経験させれば選択肢も広がると思う」と笑顔。野中師も「初めてでフワフワしてたのがちょうど良かったかな。トレーニングセール出身の牝馬だし、うまくつくっていきたい」と語った。次走は未定。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2021年10月24日のニュース