【天皇賞・春】パドックのツボ

[ 2014年5月4日 05:30 ]

 キズナの前走はダービーから馬体重20キロ増でも太め感が全くなく、筋肉量が増えて明らかにパワーアップしていた。極端な増減がなければOK。距離を考えると落ち着きは必要だ。ゴールドシップは幅があって重厚な体形。あまり気合は表に出さないが、キビキビとした感じは欲しいところ。ウインバリアシオンも、おっとりしたタイプ。大きな完歩で体全体を柔軟に使えているかがポイントだ。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2014年5月4日のニュース