【天皇賞・春】伏兵ホッコーブレーヴ3着 田辺「狙っていた」

[ 2014年5月4日 19:26 ]

<天皇賞・春>1着でゴールするフェノーメノ(左、左奥から2着のウインバリアシオン、3着のホッコーブレーヴ、4着のキズナ)

 中団から直線強襲の12番人気ホッコーブレーヴ(牡6=松永康)が大健闘の銅メダル。最後はキズナの内をすくって、クビ+ハナ差の3着まで押し上げた。顔を紅潮させた田辺は「人気がないこともあって、正直きょうは狙ってました。セコい乗り方かもしれないけど、馬群を割って伸びてこれるのは、力がないとできないことだから」と愛馬の力走をねぎらった。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2014年5月4日のニュース