【天皇賞・春】(13)オーシャンブルーやや急仕上げか

[ 2014年5月4日 05:30 ]

 オーシャンブルーは坂路(4F64秒0~13秒8)で、しまいだけサッと。出走表明が18頭の中で一番遅かったように、やや急仕上げの印象だ。「追い切った後も変わらずという感じ」と兼武助手は控えめ。モマれた方が気分良く走れるタイプ。「いかに馬混みに入れられるかが鍵になる」と分析した。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2014年5月4日のニュース