【天皇賞・春】(7)フェノーメノ昨年と「遜色ない感じ」

[ 2014年5月4日 05:30 ]

 2日に京都入りしたフェノーメノはダートコースで調整。ダクとハッキング(ごく軽いキャンター)で1周した。「雰囲気はいい。昨年(1着)と遜色ない感じで出走できると思う」と手綱を取った佐々木助手。「前走(日経賞5着)は休み明けもあって、体も減ってイレ込んでいた。使ってからここまでは順調に来たし、あとは蛯名騎手に託すだけ」。連覇へ態勢は整った。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2014年5月4日のニュース