展開を読む【谷川岳S=スローペース】

[ 2014年5月4日 05:30 ]

 逃げ馬不在とあって、アーデントが押し出されて先頭へ。外回りコースだけにメイケイペガスター以下は折り合いに専念。息の入る流れになる。オリービンは4~5番手。その直後をサンレイレーザー、サトノギャラントが追走して直線勝負へ。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2014年5月4日のニュース